37歳、2人の子持ち(上は中学1年生、下は小学校5年生)
主人に隠れてコッソリ、不倫、しちゃってます★

彼とは、行きつけのスポーツジムで知り合いました。
背は高く、色黒で、ガッツリ鍛え抜かれたボディ。
逞しい肉体と精悍な顔つきに、初めてお会いした時
ホレボレと見惚れてしまいました。

「中島さんは、こういうトレーニングを受けるのは初めてですか?
分からないことあったら、いつでも訊いて下さい。
僕がスグに飛んで駆けつけますから」

緊張している私に、彼はそう言ってにこやかに微笑みかけてくれました。
(まあ、なんて素敵なひと)
柄にもなく、そんなことを考えてしまいました。
主人はどちらかというとアウトドアタイプではなく、インドアタイプでしたので、なおさら彼に強く惹かれました。
そんな感じで彼に一目惚れしてしまった私は、
それから足しげくスポーツジムに通うようになりました。

「お前、最近やけにはりきってるな。
さては、何か良いことでもあったか?」

そう主人にからかわれることも。
「ええ、あったわよ。この前入会したスポーツジムでね・・・」
そう言い出したい衝動を必死で抑え、主人の話を聞いていました。

まあ、でもその時は、私が不倫をすることになるなんて
全く思いもしませんでした
向こうは私のこと、一人のお客さんとしか見てないだろう。
そう思っておりましたので。だから、

「黙っててすいません。実は僕、中島さんのこと
好きなんです・・・初めてお会いした時からずっと・・・」

彼からそう告白された時は、本当に驚いた。
え?本気で言ってるの?って、
思わずその場で目をパチクリさせちゃった。
だけど微動だにしない表情と、固く握られた両の拳を見て―
‟ああ、本気なんだ。本気で私のこと、愛してくれてるんだ”
そう気付いて、思わず彼に抱きついた。
どこにでもいる、一人の少女に戻れた。
彼と一緒に過ごす、その時間だけは。

瀬戸市に、あま市。
彼とデートするのは、
自宅のある名古屋市から少し離れた場所ですることが多い。
旦那やママ友に見つかったら、かなり面倒なことになるから。
個人指導を謳い文句にしてたジムだけど、
まさかここまで丁寧に「指導」してくれるなんてね。
おかげで肌がツルツルになったわ。
思い切ってスポーツジムに入会してみて良かった。
以上、名古屋市内在住・中島美雪(37)のドキドキ☆秘密
不倫体験記でした♪

Pocket
LINEで送る