流行りだか何だか知らないけれど、「イクメン」って言葉。
仕事で疲れてるのに、家に帰って子供の世話とか、本当勘弁してくれって感じ。
男性ばかり負担が増えて、これじゃ晩婚化が進むわけだよ。
草食系男子とか言うけど、結婚したくない男が増えてるだけ
なんじゃないの。

なんて、意味のない嘆きは置いといて。
ストレスが溜まる、そんな毎日に俺が愛用しているのが、
とある出会い系のアプリ。
え?そういうのって浮気に入るんじゃないのかって?
まあ、確かにそれはそうだよ。やり始めた当初は、俺にも罪悪感
があったよ。だけど、繰り返すうちにその感覚は薄れちまった。

週に一度、アプリで出会った子とデートする。
楽しいぞ、マジで。相手は20代前半~後半くらいの子が多いかな。
痩せ身の体型のコが好きだから、痩せ身のコで。
顔は並~中の上くらい、髪型は黒髪のロングストレート。
「そんな希望通りの子、見つかるワケねーだろ」と思って探したら、
たくさん出てきてビックリした。
しかも、サクラはいないっていう。ほんと神アプリだよ、これ。

「仕事仕事ばっかり言ってないで、たまには私の育児も手伝ってよ」

最近、毎日のように妻からそう言われる。
一応、家事と育児手伝ってるんだぜ。洗濯物畳んだりとか、
子供にミルク飲ませたりとか。なのに、まだ手伝えとか・・・
「鬼じゃねーの?」そう怒りたくもなりますよ。
怒ったところで面倒なことになるだけだから、別に怒らないけど。

「大丈夫、宏一さん。最近何だか元気がないみたいだけど」

定期的に会う約束をしている女の子から、こんな優しい言葉を
掛けてもらえることも。
大丈夫?そう聞いてくれるのがありがたいねえ。
何とも情けないなあって、自分でもそう思うんだけど。

「あら、あなた。体調悪いの?大丈夫?
今日一日くらい、ゆっくりお休みしたら」

結婚当初優しくそう俺を励ましてくれたあの健気な姿は、
どこへやら。子供が産まれてから、すっかり変わっちまった。
お金を稼ぐ奴隷馬としか思ってないんだ、きっと。
夫という役割を任された以上、仕方ないことなのかもしれないけど。
何か寂しいよな、こういうのって。

「奥さんに嫌なコト言われた?私で良かったら話、聞こうか?」

一人じゃ心細い時―
そんなふうに優しく励ましてくれる存在がいるのは、非常に
ありがたい。

「良いや、別に何も。ちょっと仕事で疲れちゃってね」

いつもそうやってごまかすけど。
話を聞いて欲しいんじゃない、誰かに心配されたいだけ。
おっと、何だかちょっとしんみりした空気になっちまった。
ストレス発散の為だよ、女の子と遊ぶのは。
寂しいから、心配して欲しいからってワケじゃねえ。
妻がもっと俺を愛してくれたら、多少は違ったかもしれないが、
そんなことはもう、どうでも良い。
欲望のままにやりたいことをやる、ただそれだけ。
そこの旦那も指咥えて記事を読んでないで、他の女の子と
遊んでみたらどうだ。気持ちがだいぶ楽になるぜ。これ、マジで。

Pocket
LINEで送る