愛する彼氏がいるのに、他の男性と浮気してしまいました。
ゴメンナサイ。

彼は私より2つ年上。彼氏とは長い付き合いの親友で、
本当はこんな下劣なことするつもりはなかったんだけど、
悩み相談に乗ってもらっているうちに好きになっちゃった。

「いちいちどーでも良いことで電話掛けてきやがって・・・
面倒臭えーんだよ、お前」

付き合い当初の優しい姿はどこへやら。
別人のように変わってしまった彼を、嫌いにもなれずずっと付き合ってた。
だけど、どこかに心寂しい想いがあったのね。

「アイツ、昔からワガママなとこあったけど、最近特に酷いよな。
付き合ってる彼女にそんなこと言うなんて、どうかしてるわ」

そんなふうに彼が言っているのを耳にした時、とても嬉しい気持ちになった。。
こんなふうに、一生懸命怒ってくれる人がいるんだなって。
そして気付いたら、彼の手をそっと握ってた。

「ええと、これはどういうことだろう?」

彼はそう言って戸惑いの表情を浮かべていたけれど、
決して私の手を放そうとはしなくて。
そこで、(ああ、向こうも私のこと好きなんだ)
そう気付いた。その瞬間から、私たちの秘密の交際が始まった。

「さっきLINEで写真送ったんだけど見てない?
ホラ、この前名古屋水族館に一緒に行った時の・・・

浮気をするようになってから、頻繁に彼氏から連絡が来るようになった。
‟愛する彼女が他の男になびいてるのでは“と不安になったのね、きっと。
浮気をしてから愛されるようになった、だなんて
正直複雑な気持ちだけれど、「これで良かった」そう思うようにしてる。

「光輝(彼氏の名前)にバレたらヤベーよな、俺達・・・」
なんて、浮気相手の彼は今更そう怖気づいているけれど、
やっちゃったものは仕方ないわ。
洗練潔白な一人の青年を見事に演じ切ることね。
友達だと大事に思うなら、猶更。

彼氏の友達と、そういう関係になってしまうということは、
そう珍しいことでもないみたい。
私の女友達も、彼氏の親友と浮気してたし。
話す機会が多いぶん、禁断の関係に陥りやすいのかもね。
この体験記を読んでいる貴女も、他人事ではないかも。
以上、名古屋市内在住・桜山美保の極秘浮気体験記でした(*´∀`*)ノ。+゚ *。

Pocket
LINEで送る