大手旅行代理店に勤める29歳の既婚男です。
実は、妻に隠れて約1年半ほど社内の女性と不倫を続けています。

「松崎さん、今日の帰り私と一緒に飲みに行かない?」

会社の帰り道、一人の女性にそう声を掛けられたのが、
私が不倫をしてしまう始めのきっかけでした。
激務で残業も多いこの職場。ストレスが積み重なっていたこともあり、
癒されたい一心で、私は彼女と浮気をしてしまいました。

「いつも頑張ってますね、松崎さん。
たまには休まないと、身体疲れちゃいますよ?」

二人で行ったお酒の席で、そのような優しい言葉を掛けられ―
気付けば彼女と二人、錦通りのラブホテルにいました。
酔いが醒め、現実に戻ったその時―自分がしたことを猛烈に
後悔しました。(もう二度とこんなことはしない。)
心の中でそう固く誓ったのですが、再び私は彼女と浮気をしてしまいました。

旅行の企画に、宿泊先の確保。
大手旅行代理店の仕事は、日々多忙を極めています。
辛く厳しい状況の中、助け合って仕事をしているうちに、
恋に落ちてしまう男女も多くいるのだとか・・・
この業界に不倫が多いのは、致し方ないことなのかなと思います。
不倫を肯定するわけじゃないんですけどね。

「仕事の状況どうなってる?順調に手配は進みそう?」

「宿は予約できたんですが、新幹線の予約がまだで―
なるべく急いで手配するようにします、すみません」

私も彼女と会う時は、仕事の話ばかりしてますし―
『不倫をするため』というより、『仕事の話をするため』に
会っているだけのような・・熱心に話の仕事をしているうちに、
いつの間にかそういう関係になってしまっているというか・・・
仕事熱心な人ほど、業界のドツボにハマって不倫から
抜け出せないなという印象があります。

ライバル会社の情報を得るため、他の旅行会社の社員と不倫をする人も
多いんだとか。スパイ的なものにあまり興味がないので、私はしませんでしたが・・・「俺、×△会社(ライバル会社の名前)の女と付き合ってる。すげー情報聞いちゃったぜ」
そう自慢気に話している同僚の姿を目撃したことがあります。

私が不倫をしてしまった経緯と、旅行代理店の実情を語らせて頂きました。
いかかでしょうか?
華やかで楽しそうなんてよく言われますが、華やかなのは表だけで
裏ではこんなドロドロです。まあ、それでもやりがいはあるので、これからも
続けていこうとは思っていますが。
ではでは、最後まで私の体験記をお読み下さり、
どうもありがとうございました。

Pocket
LINEで送る