つきまとい行為 浮気相手のストーカー行為は犯罪です。

つきまとい等とは、あなたに対する(この場合、男性も女性もその対象者は、異性または、同性です。)恋愛感情などの好意の感情、その感情が満たされなかったことへの恨みなどの感情を満足させる目的で、あなたやあなたの身近の人(配偶者・親族など)に8つのパターンに類似化された行為をすることを言います。

1.つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
2.監視していると告げる行為
3.面会・交際の要求
4.乱暴な言動
5.無言電話、連続した電話・ファクシミリ・電子メール・SNSメッセージ
6.汚物などの送付
7.名誉を傷つける
8.性的羞恥心(しゅうちしん)の侵害

以上の8つに部類されるのが、付きまとい行為、および、ストーカー行為(身体の安全、住居などの平穏もしくは名誉が害され、または行動の自由が著しく害されることになるかもしれないという不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限定されています。)です。

1.つきまとい・待ち伏せ・押しかけ

以下のような行為は、つきまといです。
・あなたを尾行し、付きまとう。
・通勤途中など、あなたの行動先で、待ち伏せる。
・あなたの進路に立ちふさがる。
・あなたの自宅や職場、学校などの付近で見張りをしている。
・あなたの自宅や職場、学校などに押し掛ける。
・あなたの自宅や職場、学校などの付近をうろつく。

自己防衛対策
つきまといは、暴行や強制わいせつなどの重大犯罪にエスカレートする恐れがあります。

~女性の一人暮らしの場合には~
・ドアや窓には、二重ドアを。
・ドアを開けるときは、周囲に注意を。
・不審者がいるときは、助けを呼ぶ。

ストーカー対策は、早期解決がポイントです。付きまとわれたときは、速やかに対策をとることが大切です。

・不安なときは、タクシーなどを利用する。
・防犯ブザーを携帯する。
・一人で悩まず、警察や信頼できる人に相談する。
・携帯電話は、いつでも110番できるようにしておく。
・万が一の場合は、警察や近隣の人に助けを求める。

第2条第1項第1号
つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他、その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において、見張りをし、住居等に押し掛け、又は、住居などの付近をみだりにうろつくこと。

2.監視していると告げる行為

以下のような行為は、つきまといです。
・その日の服の色やどのような行動をしたかなどをあなたに告げ、監視していることを気づかせる。
・帰宅直後に「おかえりなさい」などと電話をする。
・あなたがよくアクセスするインターネット上の掲示板に、上記の内容などを書き込み行為を行う。

自己防衛策
ストーカーは、あなたの行動を監視しています。
・ワンパターンな行動ではなく、状況に応じて時々変える。
・自分の周囲には、常に関心を払う。
・不審に思ったら、状況・内容をメモして、警察へ行く。

~女性の一人暮らしの場合には~
・曇りガラスでも必ずカーテンを付ける。
・カーテンは外側から見えない厚手のものを使用する。
・在宅中は、カーテンを確実に閉める。
・できる限り、2階以上のアパートを借りる。
・洗濯物は、外に干さない。

自分が部屋にいることが外から見えない工夫をしましょう

第2条第1項第2号
その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又は、その知り得る状態に置くこと。

3.面会・交際の要求

以下のような行為は、つきまといです。
・あなたが拒否しているにもかかわらず、面会や交際、復縁を求める。
・贈り物を受け取るようあなたに要求する。

自己防衛対策

ストーカーは、しつこく面会や交際を迫ります。
・相手に対して、はっきりと拒否の姿勢を示す。
・警察や信頼できる人に相談する。

第2条第1項第3号
面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。

4.乱暴な言動

以下のような行為は、つきまといです。
・あなたに、大声で「馬鹿野郎」などと粗野な言動を浴びせる。
・あなたの家の前で大声を出したり、車のクラクションを鳴らしたりするなど、乱暴な行動をする。

事故防衛対策

ストーカーは、交際などの要求を拒まわれると、乱暴な言動をとります。

・危険を感じたら、防犯ブザーや携帯電話で助けを求める。
・速やかに警察に相談する。

常に防犯ブザーなどを身につけるようにしましょう。

第2条第1項第4号
著しく粗野又は乱暴な言動をすること。

5.無言電話、連続した電話・ファクシミリ・電子メール・SNSメッセージ

以下のような行為は、つきまといです。
・電話をかけてくるが、何も告げず、あなたに不安を感じさせる。
・あなたが拒否しているにもかかわらず、携帯電話や会社、自宅に何度も電話をかけてきたり、ファクシミリや電子メール、SNSを用いたメッセージを送信してくる。
・あなたが拒否しているにもかかわらず、あなたが開設しているブログやホームページ、SNSなどの個人のページに何度もコメントなどを書き込む。

自己防衛対策
ストーカーは、電話、ファクシミリ、電子メールを使って執拗に嫌がらせ行為をします。

・「警察に訴えます」とはっきりと伝える。
・電話会社に相談する。(様々な対応策を教えてくれます)
・ナンバーディスプレイ機能付き電話を設置する。

ストーカーは、あなたの過剰な反応を楽しむ場合が少なくありません

第2条第1項第5号
電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ、ファクシミリ装置を用いて送信し、若しくは電子メールを送信等すること。

6.汚物などの送付

以下のような行為は、つきまといです。
・汚物や動物の死体など、あなたに不快感や嫌悪感を与えるものを自宅や職場に送り付ける。

自己防衛対策

ストーカーは、汚物や動物の死体などを送り付け、嫌がらせ行為をします。

・すぐに警察に届け出る。
・届いた時間と内容などをメモする。
・送り主の不明な届け物は、受け取り拒否し、開封せずに送り返す。

第2条第1項第6号
汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。

7.名誉を傷つける

以下のような行為は、つきまといです。
・あなたを中傷したり、名誉を傷つけるような内容を告げたり、文書などを届ける。

自己防衛対策
ストーカーは、相手を中傷することで、精神的に追い詰めようとします。
・状況を記録し、中傷ビラ・インターネット文書などはすべて保存する。
・警察や信頼できる人に相談する。

第2条第1項第7号
その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。

8.性的羞恥心の侵害

以下のような行為は、つきまといです。
・わいせつな写真などを、自宅に送ったり、インターネット掲示板に掲載する。
・電話や手紙で、卑劣な言葉を告げ辱めようとする。
・望んでいないのに性的に恥ずかしいと思う気持ちを起こさせて精神の平穏を害する。(「わいせつ」までいtらないものも含まれる。)

自己防衛対策

ストーカーは、あらゆる手段であなたを辱めようとします。

・住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報の管理は慎重に。
・送り付けられたものを持って、警察に相談する。

警察をはじめ、信頼できる人に相談しましょう。

第2条第1項第8号
その性的羞恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する文書、図面その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する電磁的記録その他の記録を送信し若しくは知り得る状態に置くこと。

浮気相手のストーカー行為は、犯罪です。

恋愛感情による「つきまとい行為」は、犯罪であり、法律により罰せられます。

浮気や不倫は、恋愛感情が錯綜して、時として嫌がらせ行為などやストーカー行為が発生してしまうケースがあります。

浮気相手による「つきまとい」行為や、嫌がらせ行為があった場合、まずは、嫌がらせ行為がストーカー行為に該当するかどうか検討してみます。

ストーカーの目的は、「恋愛感情や好意が満たされなかったこと」に対する恨みの感情を充足することとされています。

一方的な激しい感情で相手に対して迷惑行為を行ったり、不安に陥ることを防止するため、ストーカー規制法により、禁止行為が定められています。

ストーカー規制法の第2条では、以下の①~⑧の行為が、具体的なつきまとい行為と定めています。

①つきまとい・待ち伏せ・押しかけ・見張り
②監視していると告げる
③面会・交際の要求
④粗野・乱暴な言動
⑤無言電話、連続した電話・ファクシミリ
⑥汚物などの送付
⑦名誉を傷つける
⑧性的しゅう恥心の侵害

上記のつきまとい行為を、同じ相手に反復して行った場合、ストーカー行為として、警察に動いてもらうことが可能となります。
現在の社会は、何かとストレスを抱えやすい環境にいますので、うまく、ストレスを解消する方法を、みんなで模索してみるのもいいかもしれません。
例えば、音楽を聴いたり、映画を見たりと、お金をかけずに楽しむこともできます。テレビを見ていればいいのです。

具体的なストーカーへの対処方法は。

ストーカー規制法では、「何人も、つきまといなどの行為により、相手方に身体の安全、住居などの平穏もしくは、名誉が害され、行動の自由が害される不安を覚えさせてはならない。」としています。

このように、浮気や不倫相手から生活の平穏を侵されている方は、具体的な行動に出て、今の現状を解決する必要があります。

・警察に警告を求める。
まずは、警察につきまとい行為のあったことを相談し、ストーカー相手に対する警告をしてもらいます。警察が動いたと知れば、大概の迷惑行為は、解決するはずです。が、まれに、応えない人もいます。そんな時、次の一手を打ちましょう。

・禁止命令を発令してもらう。
警察からの警告を受けてもまだ、つきまとい行為が止まらない場合、公安委員会に届け出て、禁止命令を出してもらいます。禁止命令に違反すると、最高で1年以下の懲役、または、100万円以下の罰金という刑罰の対象となります。

・仮の命令を出してもらう。
警告を求める旨の申し出を受けた警察は、申出者の身体の安全、住居の平穏が、害されたことを防止する緊急の必要があるときに、加害者の聴聞や弁明の機会を付与せずに、ストーカー行為をしてはならない旨の、仮命令を発することができます。(ストーカー規制法第6条)

このように、浮気相手のつきまとい行為などによって、生活の平穏を害されてしまっている方は、些細な行為であっても、警察に相談すべきですが、いきなり警察は、という方は、弁護士なり、興信所や探偵事務所に相談するのもよいかもしれません。

しかし、現在の警察内でも、被害者やその親族の保護のために、ストーカー規制法をより積極的に活用するように周知されているとのことですので、ストーカー行為に少しでも該当している場合は、迷わずに相談してみることを、お勧めします。

 

Pocket
LINEで送る

→厳選 優良探偵・興信所はこちら
スポンサーリンク
街角探偵相談所
HAL探偵社

響(ひびき)・Agent
女性のための浮気調査