探偵や興信所へ依頼する身元調査について

身元調査とは、主に個人を対象とし、人物に関する具体的な情報を収集することにより、どういった人物なのかを調べるもので、探偵や興信所によっては、身辺調査や身上調査、あるいは個人信用調査などと呼ばれることもあります。

個人情報保護法施工以来、各人が個人情報の重要性に気付き、自分からは積極的に身元を明かさない、もしくは隠すという風潮が広がってきました。

それは、犯罪防止という点ではよい事ですが、反面、相手と契約や取引等何か事を起こす際に、相手の身元がよく分からない、また相手の言っている情報が果たして本当なのか疑わしい、もしくは嘘だったという事態も増えて来ています。

そうしたこともあってか、この頃、探偵や興信所に対する身元調査の依頼も増えてきているように感じます。

身元調査の依頼の事例

身元調査で扱うケースもさまざまで、結婚、雇用、金銭賃借、商取引、裁判、各種トラブルなどなど、重要な節目で依頼を請けることが多いです。

例えば、身元調査としては、以下のような相談を請けることがあります。

・ネットで知り合った相手と結婚を前提に交際しているが、相手の身元をよく知らないので調べたい。
・これから多額な金銭を貸すので、相手の身元や保証人の身元を確認しておきたい。
・求職者が提示した履歴書内容が本当なのか確認したい。
・これから訴訟を起こすが、裁判準備のために相手の身元を調べたい。
・悪質なクレーマーに対処するため、身元を調べたい。

この他にも、探偵や興信所で請ける依頼の中で、どうしても浮気関連が多いせいか、配偶者の浮気相手がどんな人物なのか身元を調べたいというケースも非常に多いです。

浮気相手と話し合いを行うにも、慰謝料を請求するにもまずはどういった人物なのか身元を調べたいということなのだと思います。

また、金銭トラブルに関する依頼も多く、相手の身元をよく確認しないまま金銭を貸してしまい、結局返済されないので、いざ少額訴訟などの裁判を起こそうと思っても、逃げているため相手の住所さえわからないというケースもあります。

身元調査で要望のある項目

一般的に身元と言えば、相手の氏名、住所、家族などを指すことが多いかと思いますが、興信所で扱う身元調査はそうした項目も含め多岐にわたっています。

トラブルがらみの身元調査の場合は、相手の住所、移転先を含める場合もありますし、結婚や雇用に関するケースの場合は、その人物の普段の素行や性格、家族にまでおよぶ場合もあります。

その他にも依頼内容に応じ例えば、氏名、年齢、現住所、実家、家族構成、学歴、勤務先、職歴、婚姻歴、経済状況、普段の素行、風評、交友関係、趣味嗜好などがあります。

身元調査の料金・費用の相場

結婚関連や雇用関連の身元調査ように、その人物の基礎的な情報から普段の素行などトータルに調べたいといった場合とその人物のある特定の項目だけ調べる場合とでは料金も異なります。

その人物の身元をトータルに調べる場合には、料金的には約20~30万円はかかると考えておいた方がいいでしょう。

反対に、必要な項目だけを調べる場合、例えば、金銭トラブルを例にとってみますと、貸した相手は逃げているため、まず住所を特定し返済を求めますが、それでも返済しない場合は、裁判を起こします。

しかし、裁判で勝っても返済されるとは限らず、強制執行を行うため財産の差押えをしますが、相手にどれだけの財産があるのかその経済状況を調べる必要もありますし、給与を差し押さえる場合には相手の勤務先も調べる必要も出てきます。

このような場合、住所、経済状況、勤務先など複数の項目を調べることになり、各項目の料金を積み上げていくという流れになります。

各項目の料金は、それぞれ難易度に応じて変動しますが、比較的難易度の低いものですと、1項目あたり10万円前後の料金で済む場合もあります。

しかし、こうした金額もあくまで目安ですので、身元調査の依頼内容によってケースバイケースで、明確な探偵料金の相場というものは特にありません。

従って、身元調査を依頼する場合には、まず、相手の何を調べたいのかを明確にし、複数の探偵や興信所に見積もり依頼を行い、比較検討した方がいいでしょう。

身元調査においてNGな依頼

上述のように、身元調査は相手の個人情報やプライバシーに係る調査です。

よって、どんな依頼でも請けられる、あるいはどんな事柄でも調べられるというものではありません。

仮に正当な理由があったとしても、その目的や調査方法については、当然、各種法律に基き制限があります。

探偵や興信所でNGとしている身元調査の内容としては、以下のようなものがあります。

1.社会的な差別に繋がる身元調査

社会的な差別につながるような目的のために、対象者の出身地や生い立ちを調べるといったものです。

結婚関連や雇用関連の身元調査においてありがちな依頼ですが、こうした目的の調査依頼は、探偵業法においても、受けてはならない旨、明確に定められています。

2.個人情報の不正入手による身元調査

例えば、電話番号、ナンバープレート等から、その個人の氏名や住所を調べたり、犯罪歴、口座やローン残高等を調べるといったいわゆるデータ調査と呼ばれるものです。

現在はこうしたデータ調査を扱っている探偵や興信所は皆無と言ってもいいでしょう。

3.盗聴・盗撮による身元調査

情報を入手するために、例えば、対象者宅等に盗聴器や盗撮器をしかける行為で、これらは当然、違法とされています。

4.住民票や戸籍の取得による身元調査

対象者の身元情報を得るために、相手の住民票や戸籍を入手してほしいという依頼です。

住民票等の知識がある方は、こうした依頼をされる方もいらっしゃいますが、探偵や興信所と言えども、第三者が正当な理由なくこうした住民票を入手することはできません。

こうした内容は、おもに探偵や興信所側が注意すべき事柄ですが、中にはこうした調査手法を意図的に依頼される方もいらっしゃいますので、注意が必要です。

あくまで探偵や興信所は、尾行、張込み、聞き込みといった法的にも許容されている方法でしか調べることができず、上記のような依頼はどの業者も受けないと思いますので、身元調査を依頼する際には、こうした点も理解しておくことが重要です。

どういう依頼者がいるのでしょう?

結婚を控えている方のご家族が相手の方の人物調査を行う場合などが多いようです。
企業がヘッドハンティングしたい相手を人物調査依頼してくるという事もあります。
また個人から融資申し込みを受けた際に、返済能力があるのか、という事や、新しく取引する相手先の代表者について調べてほしいなど、いろいろなパターンがあります。

調査の中には、学歴や職歴など以外でも、現在の生活状況、資産、負債、また身辺や交友関係、風評についてまで調査してほしいというものもあります。
人物調査は調査範囲が多岐にわたります。あなたの知りたい内容によって、調査方法も少しずつ変わるのです。

探偵事務所ではたとえそれが断片的な情報しかない依頼でも、ほんの小さい情報から依頼された内容に沿うように調査を進めていきます。「こんなことまで分かるの?!」という程です。それが探偵で調べることの最大のメリットと言えるかもしれません。

探偵社FUJIリサーチ

食事による精神安定を図る。

いろいろと、弁護士や探偵に調査依頼された時、または、依頼されている間、心が乱れていてはいけません。そんな時、心を落ち着かせる食べ物があれば、気軽に調理でき、ゆっくりと寝ることができ、安心して、依頼できると思います。

心を落ち着かせる5つの食べ物

心のバランスを保つために大切な物質と言われているのが、セロトニンです。これは、動植物に広く分布する生理活性アミン、インドールアミンの一種。名称はserum(血清)とtone(トーン)に由来し、血管の緊張を調節する物質として発見・名付けられた。ヒトでは、主に生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに関与します。
つまり、パニック障害や社会不安障害など、極度な不安を感じる疾患や、強迫性障害などもセロトニンの異常が一因だと考えられています。また、うつ病でもセロトニンを増やす抗鬱剤が治療に使われています。

しかし、セロトニンは厳密にいうと食品から摂取することができません。誰の体内にも存在する物質で、必須アミノ酸であるトリプトファンが、ビタミンB6やマグネシウムと合成されることで作られます。したがって、体内のセロトニンを増やすためには、食品などから、このような成分(トリプトファン、ビタミンB6やマグネシウム)を積極的に取り入れることが大切です。

心を落ち着かせる食べ物

1.バナナ

バナナにはトリプトファンが多く含まれているので、セロトニンの分泌が促されます。セロトニンが作られることにより、精神の安定を取り戻すことができるため、いろいろと調査依頼をされた時等には、非常に良い食べ物と言えるでしょう。また、バナナは美容や健康に良い成分も豊富に含まれており、カロリーも決して低くはないので、食事がのどを通らない時などの栄養補給には最適です。消化や吸収も早く、エネルギーになるまでの時間もかからないので、動くためのパワーチャージにもうってつけです。

また、手ごろな価格で購入でき、最近ではコンビニでも販売しているため、用意しやすい点もメリットと言えるでしょう。

2.納豆

納豆もバナナと同様に、トリプトファンが含まれています。トリプトファンは、体内では作られない為、食品などから摂取する必要がありますが、納豆をはじめとする豆類には、豊富なトリプトファンが含まれているので、いろいろな調査依頼の結果が気になって、何もつくる気がしない時など、夕食などに、ご飯と一緒に納豆を食べるようにすると良いでしょう。また、納豆には、食物繊維や脂質、ビタミン、ミネラルなど栄養素が豊富で、なかでも現代人に不足しがちなカルシウムが含まれているので、精神の安定にも効果的です。

3.カシューナッツ

落花生やナッツ類は、手間がかかりません。また、心を落ち着かせる作用があるマグネシウムが豊富に含まれているだけではなく、カロリーも比較的に高いので、食欲が湧かない時の栄養補給に最適です。セロトニンを作るためには、トリプトファンが必要ですが、特にカシューナッツに多く含まれています。

4.豆腐

納豆と同じく豆腐も豆類。私は、絹ごしが好きなのですが、食物繊維が豊富なのは、木綿です。セロトニンの総量は、男性の方が女性より約52%も多く、女性の方がセロトニン不足に陥りやすい状況です。その原因の一つと考えられているのが、セロトニンが作られる部分。実はセロトニンは腸で作られるため、腸内の健康状態を整えておいた方が効果的。男性よりも女性の方が便秘に悩む人が多く、セロトニンを正常に生み出すためにも積極的に食物繊維を摂取し、腸内環境の改善に努めましょう。

しかし、腸内のセロトニンが増えすぎると、下痢になり、少なすぎると便秘になるそうである。一方、脳内の神経伝達物質として働くセロトニンは、脳幹の縫線核で合成される。腸で生成されたセロトニンは血液脳関門を通らないため脳のニューロンに直接作用する可能性はない。

尚、トリプトファンを補給することで、脳内でセロトニンが作り出されると、不眠の解消にも役に立ちます。

5.チーズ

チーズにもトリプトファンは含まれています。トリプトファンを食品などから摂取できないと、セロトニンは作り出されず、セロトニンが低下すると、以下のような症状が出やすくなります。
・思考停止=考えることが面倒になる。
・ネガティブ=認知にひずみが生じ、全てを悪いように捉えてしまう。
・対人恐怖=社会性が低下し、仕事や外出が苦痛になる。
・意欲低下=何をするにも気力が湧かない。
また、セロトニンは、日光に浴びること、適度な運動をすることで活性化することが分かっています。しかし、このような状況になってしまうと、何をするにも意欲が湧かないため、こもりがちになり、深刻な悪循環になってしまい、何もかもが上手くいかなくなってしまいます。

他にも、以下のような栄養素(食品)が心を落ち着かせる食べ物と言われています。

☆セロトニンを増やす効果のあるトリプトファンを多く含む食材☆
しらす干し、たらこ、ごま、かつお

☆セロトニンを増やす効果のあるビタミンB6を多く含む食材☆
ニンニク、カブ(漬物)、赤身の生魚、かつお、鶏肉

☆セロトニンを増やす効果のあるマグネシウムを多く含む食材☆
あおさ(素干し)、あおのり(素干し)、わかめ(乾燥わかめ、素干し)、てんぐさ(素干し)、ひとえぐさ(素干し)、こめ(米ぬか)

☆イライラを防ぐ効果のあるカルシウムを多く含む食材☆
小魚、海老、ブロッコリー、小松菜、ごま、ひじき

栄養価が高く、セロトニンを増やす効果のある身近な食材で、普段通りの自分でいられるように心掛けて下さい!普段と変わらない自分でいることが、色々な調査依頼を成功させる第一歩であり、回り道の最後に辿り着ける本当の幸せへの第一歩でもあります。

個人だけではない!?人物調査

探偵事務所に依頼できるのは人物調査などの個人の事中利ではありません。企業についても調査を依頼できます。ビジネスを進めていくうえで、更に大きくしていこうという場合、取引先を選ぶなど慎重になることが必要です。新しく取引を行う企業がどういう企業なのか、今勢いがあるけれど、昔はどうだったのか?など気になる点を調査してくれます。

しかし、こうした調査を依頼する前に、自分の企業にも目を向けてみてほしいものです。自分の企業の社員が営業先でどのような交友関係を持っているのか、営業がきちんと外回りをしているのか、自分の企業に勤めている社員を疑いたくないのはわかりますが、こうした人物調査をしっかりと行い、トラブルを事前に取り去っておくことが大きなトラブルに発展する可能性も少なくなるのです。

企業リスクは、外部だけではなく、内部にもあることです。自分の企業の社員が見えないところで何をしているのかと言う事を把握するのも、代表者として当たり前のことかもしれません。探偵事務所ではこうした調査を行い、企業体質の立て直しを行うという事も必要です。もちろん、取引先の情報も探偵事務所にしっかり調べてもらい、リスクを最小限にすることは望ましい事です。

採用調査を行う企業、多くなっています。

新卒以外でも企業は中途採用などを行っている企業が多いです。新卒採用の場合も中途採用の場合も、企業の代表者などから見て、信頼できる人物を雇用したいという事で、採用に関する人物調査を行う企業も多くなっています。

面接の際にはとてもやる気があり、はきはきして気持ちがいい若者、でも実際は?探偵事務所に人物調査を依頼したら、ギャンブル三昧で自堕落な生活を送っているという事が分かるかもしれません。中途採用の場合も、面接ではこういう仕事もああいう仕事も行ってきたと話していたけれど、本当か?と調査を行ってみたら、かかわっていたもののプロジェクトの中枢にかかわっていたことはなく、本当はサポートのみだったという事もあります。

採用の際の人物調査はある意味、企業のこれからを支える人物かどうかを判断する材料となるものですから重要です。多くの依頼が寄せられている探偵事務所でも、最近企業に関する調査が多くなっているようです。採用にかかわる人物調査を行う事は、長く雇用できる社員を振り分ける事にもつながります。こうした積極的な採用への取り組みをしっかり行っていくことが、企業リスク軽減につながります。

Pocket
LINEで送る

→厳選 優良探偵・興信所はこちら
スポンサーリンク
街角探偵相談所
HAL探偵社

響(ひびき)・Agent
女性のための浮気調査