ストーカー被害の対策方法

目次

護身用には欠かせないストーカー対策グッズ

ストーカーの被害を対策するには3つの条件が存在しています。まず、ストーカー行為を防ぐ為にストーカーさせない為のグッズ。そして、ストーカーにより被害を受けた時に助けを求める為のグッズ。さらに、ストーカーから被害を受けない為の撃退用のグッズです。

これらを常に持ち歩き、いざと言う時に使えばストーカー被害に遭いません。自分の身は自分で守る、そのために必要な5つのストーカー対策グッズを紹介します。

1.ストーカー対策グッズの定番:防犯ブザー

ストーカー対策グッズ【防犯ブザー】の選び方

ストーカーの被害に合わない為の対策グッズで最も効果的なのが防犯ブザーです。非常に大きな音が出て、一定時間は何をしても音が鳴り止まない仕組みになっています。

現在ストーカーの被害に合っていると言う事を周囲に知らす役割にもなりますし、カバンにぶら下げておいても、ストーカーから襲われない為の抑止力につながります。

他のストーカー対策グッズと比べて軽く、カバンの外に取り付ける事ができるため、急に襲われたりした場合でも使用出来るので対策グッズとして必須です。小型で音が大きく、キーホルダーやストラップとして使える物を選びましょう。

2.ストーカー撃退の対策グッズ:スタンガン

ストーカー対策グッズ【スタンガン】の選び方

護身用として女性を守る為の最強グッズといえばスタンガンを抜いて他にありません。小型の物であれば、普段から持ち歩いているバッグに忍ばせておく事もできますし、ストーカーに追われていたとしても、あらかじめ手の届く場所にあればいつでも使えます。

しかし、スタンガンはストーカーに襲われてからでは使う事が難しくなるため、出来る限り小型の物で、いつでも取り出しやすく電流が強い物を選びましょう。

それと、カバンに入っているスタンガンがゴツ過ぎるのはと思う人も居るでしょうが、可愛いケース等に入ったスタンガンでは、いざと言う時に使えないので注意しましょう。

3.ストーカー対策グッズ:催涙スプレー

ストーカー対策グッズ【催涙スプレー】の選び方

ストーカーに襲われてしまったら、力で太刀打ちするなんてほとんどの人は無理でしょう。しかし、催涙スプレーであれば、5メートル近く離れているストーカーでも撃退可能です。つまりストーカーに襲われても、相手の間合いに入る前に撃退する事ができるグッズなのです。

そういった意味では、ストーカー対策グッズの撃退用グッズの中では最も必要なものです。催涙スプレーを使用された場合、大半の人は咳き込んで目を開けている事ができません。最近ではキーホルダーの様にぶら下げられる催涙スプレーもあるのでそちらもおすすめです。

4.ストーカー対策グッズ:ダミーカメラ

ストーカー対策グッズ【ダミーカメラ】の選び方

実際に防犯カメラをつけるというのは、費用もかかる為あまり実用的ではありません。もしポストの物がなくなっていたり、ストーカーの証拠が必要な場合は防犯カメラが必要ですが、ストーカーを未然に防ぐ為のストーカー対策グッズとしては、ダミーカメラがよいでしょう。

カメラが回っているというだけで、かなりの効果があり、ストーカー被害は激減します。さらに、防犯カメラが作動しているというステッカーも使用すれば効果抜群です。

ダミーカメラの取り付けは非常に簡単なため、女性一人でも30分程度で完了します。周囲の環境にあわせて、適切な形のダミーカメラを使用しましょう。

5.ストーカー対策グッズ:盗聴発見器

ストーカー対策グッズ【盗聴発見器】の選び方

集団ストーカーに合っている人や、室内に不振な空気を察知しているのであれば、まずはストーカーが仕掛けた盗聴器を発見する為の対策グッズで確かめてみましょう。近年では、留守中に盗聴器を仕掛けたりするストーカーも急増しています。

たとえば、ストーカーの行為に対して、なんでバレてるの?という事が合ったりすれば、まっさきに室内の盗聴器を疑う事が大切なため、非常に使えるグッズです。ストーカー対策の為にも、まずは盗聴発見器をつかってみましょう。

一般的なストーカー被害の対策方法

ストーカー被害というのは、どんな方でもその被害に合う可能性があると言えるでしょう。もしもご自身がストーカー被害に遭ってしまったら、一体どのような対策をとればよいのでしょうか。まずは、日頃から最低限の対策をしておく必要があるのでそれらを確認しましょう。

・決まったルート、決まっていく場所をつくらない

コンビニや通勤に使う道など、毎日一定のサイクルで使う場所などが決まっていると、加害者側は被害者の行動を読み取りやすくなってしまいます。

・自宅いる時間を悟られにくくする

自宅のカーテンから明かりがもれていたりすると、帰宅時間などが簡単に分かってしまいます。遮光カーテンを引いて光が漏れないようにしたり、テレビや電気をタイマーにして、ご自身の生活サイクルを特定されないようにしましょう。

・防犯グッズを持ち歩く

外出先でストーカーに出くわしてしまった時のための防犯グッズを持ち歩きましょう。防犯ブザーなどはかなり有効なので一つ持っておくことを強くおすすめします。

一般的なストーカー被害の対処の仕方

もしも、実際にしつこい電話やメールなどのストーカー被害にあった場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか。まず大切なのは、基本的には相手にしないということです。中途半端に相手をしてしまうのが最も良くないので、基本は無視をしましょう。

少しでも返事や反応をしてしまうと、自分の存在を認めてくれたと勘違いします。もっと頑張ればもっと相手にしてもらえるかもしれないと張り切ってしまうのです。ですから基本的には、徹底無視で良いでしょう。

それでも一向に状況が変わらない場合には、警察や探偵などに相談して、ストーカー(つきまとい行為)被害に遭っていることの証拠をしっかりと押さえ、告訴も辞さない強い意志を持ちましょう。相手に付け入る隙を与えないことが何よりも重要です。

一般的なストーカー被害に悩む人の対策

1.一般的なストーカーの撃退法

これは基本的には避けたい状況と言えるかもしれませんが、もしも外出先などで、ストーカーに出くわしてしまった場合には、どのように撃退すれば良いのでしょうか。まず絶対にやってはいけないのが、相手の要求を簡単に受け入れることです。

車に乗る、安易についていくなどは絶対に避けるようにしましょう。その上で、大きな声で周りに助けを呼ぶなどをしましょう。その際には、上で紹介した防犯ブザーなどが非常に有効です。

2.一般的なストーカー被害の解決法

ストーカー被害を解決するために重要となるのは、第三者の介入である場合が多くあります。特に、状況が深刻になるにつれてその傾向は強くなるといって間違いないでしょう。その場合は警察に連絡、相談をすることが大切です。「ストーカー規制法」がある今、被害者は法律で守られています。

警察へ相談することで相手も諦めるパターンは非常に多くあります。もしも相手が逆上する可能性があって警察はちょっと…という方は探偵を使って確実な証拠集めなどをすると、その後の警察の行動が早まり、早急な解決が望める場合もあります。

いずれにせよ第三者への相談はかなり有効な解決方法の一つと言えるでしょう。

会社や職場の社内ストーカー被害の対策法&撃退法

近年急増しているストーカー被害の中で、意外に多いのが職場におけるストーカーです。ストーカーというと、変質者のような印象を受けやすいものですが、実は身近な人、職場の同僚などからの被害も非常に多いのです。ここではそんな職場のストーカー被害に対する対策や撃退法について解説します。

1.会社や職場の社内ストーカー被害の対策方法

職場の同僚や先輩後輩、上司部下がストーカーへと発展しやすい最大の理由は、非常に簡単に個人情報を入手できるからということが言えるでしょう。つまり、通常ストーカー被害の対策として挙げられる、個人情報を守るということが、元々使うことができないということになってしまします。

自宅がどこにあるのか、どのような経路で会社に来るのかなど、被害者の生活環境も含めて簡単に知られてしまいます。そこで職場でのストーカー行為への対策として重要なのは、はっきりとした「NO」を伝えることだと言えるでしょう。

すでに顔見知りである以上、コミュニケーションが取れるのであれば、そういったつもりは全くないということを相手に理解させることです。

2.会社や職場の社内ストーカー被害の対処の仕方

上記のように、職場の人間によるストーカー行為に対しては、はっきりとこちらの意思を伝える必要があるということを説明しましたが、それでも相手の行動が変わらないようであれば、第三者に相談をしましょう。

これは相手にもよりますが、ベストは加害者から見て上の人間、上司が良いでしょう。職場内の関係を考えた場合、正直相談しにくいという方は多いでしょう。しかし、それを泣き寝入りして最悪職場を辞めたとしても、相手には名前はもちろん住所まですべて知られていることを忘れてはいけません。

ストーカー行為に対してはっきりと困っていることを伝え、それでも改善しないのであれば、相手方の上司に相談するのが良いでしょう。もしも、自宅への付きまとい行為がなくならないのであれば、最悪の場合は警察へ相談ということも選択肢に挙がってくる、これを相手方に伝えることも、時には必要となってくるでしょう。

会社や職場の社内ストーカー被害に悩む人の対策

1.会社や職場の社内ストーカーの撃退法

職場の人間によるストーカーは一体どのように撃退すれば良いのでしょうか。職場での人間関係やコミュニティがある以上、撃退というのは正しい選択なのでしょうか。確かにこれは非常に難しい問題と言えるかもしれません。相手によっては、撃退してしまうことで、自分自身が厳しい立場に立たされることもあるでしょう。

ではそのまま泣き寝入りすれば良いのかと言えば、必ずしもそうではありません。撃退というよりも、相手に対する態度や接し方を考えましょう。職場というのは本来仕事をするところです。ですから、相手に対しては決してやさしくする必要はありません。

会話に関しても最低限で構わないでしょう。もちろんあなたのプライベートに関する話など一切する必要もありません。気をつけるのは、なるべく二人っきりになる状況をつくらないこと。周りを味方に付け、帰り道などで二人だけの状況にならないように協力してもらいましょう。

2.会社や職場の社内ストーカー被害の解決法

職場の人間にストーカーされた場合に、どのようにそれを解決すればよいのでしょうか。やはり二人で話し合って解決するというのは、簡単なことではありません。そもそも二人で話をするという状況がすでに問題です。この場合は、やはり第三者に間に入ってもらうのがベストです。

会社であれば一番良いのは相手方の上司です。状況によっては部署の変更や、配置転換などをしてくれる可能性もあります。職場におけるストーカー行為を解決するには、こうした方法が必要です。第三者による協力をしっかりと仰ぐようにしましょう。

ネットストーカー被害(サイバーストーカー)の事例と対策

1.ネットストーカー被害(サイバーストーカー)の対策方法

ネットストーカーへの対策としてまず始めなくてはいけないのは、事前に予防することです。ネット上に安易に個人情報やそれにつながる情報を載せないことが重要になるでしょう。インターネットの世界では、個人情報の特定にはつながらないと思ったものでも、意外にも特定につながるヒントを与えていることがあるものです。

写真なども安易に公開しすぎると、写っているものから場所などを特定されかねません。思わぬ形で相手にヒントを与えてしまう可能性があることに注意しましょう。SNSなどの利用に際しては、自分自身の個人情報が守られる形をしっかりとりましょう。特に複数のSNSを利用している場合は、それぞれのSNSでIDなどを変えましょう。

これによって簡単に他人から個人を割り出すことを難しくすることが可能となるでしょう。また書き込みの口調に、方言などが出てしまうと、地域を特定するヒントになります。何気ないチャットでのやり取りでもヒントを与えてる点は十分に注意しましょう。

また、現在では懸賞やアンケートによって個人情報を集めるものがあるので、信頼できる発信元とは言えないサイトでの個人情報の登録は安易に行わないようにしましょう。

2.ネットストーカー被害(サイバーストーカー)の対処の仕方

もしも万が一、ネットストーカー(サイバーストーカー)の被害に遭った場合には、自力だけで解決しようとせずに、第三者の協力を必ず求めましょう。ネットストーカー(サイバーストーカー)において危険なパターンの一つとして、元々顔見知りではないという場合が挙げられます。

知り合いでないものからのストーキング行為は、ストーカーの特徴をつかみにくいため、その対処が非常に難しく、一歩間違うと最悪の結果を生む恐れすらあります。

まずは絶対にこちらの個人情報が漏れないような体制作りをしていくこと、そして、万が一個人情報が漏れた際には、躊躇せずに第三者の協力を仰ぎましょう。この場合の第三者とは、家族はもちろん、警察にも相談をしましょう。

ネットストーカー被害(サイバーストーカー)に悩む人の対策

1.ネットストーカー(サイバーストーカー)の撃退法

ネットストーカーを撃退する方法としては、第三者からの協力が不可欠です。もしも個人情報などがすでに相手に渡ってしまっている場合には、警察に相談するようにしましょう。その時までに、ネット上でのやりとりなどのログをとっておいたり、スクリーンキャプチャをとっておくなどをしておくと良いでしょう。

もしそうでないのなら、ネット上における自分の足跡はしっかりと消しておきましょう。ご自身の書き込みなども消しておき、自力で消せないものは削除依頼を出しましょう。

ネットストーカー(サイバーストーカー)は警察が介入してくると高い確率で諦める上、ネット上でもあなたを捉えられなければ、どうすることもできません。なるべくそういった状況に持ち込むようにしましょう。

2.ネットストーカー被害(サイバーストーカー)の解決法

ネットストーカー(サイバーストーカー)とトラブルとなった時には、なるべく会って何かをするといったことは避ける方が賢明と言えるでしょう。特にこちら側に非がないのであれば、相手にする必要がありません。個人情報も渡っていないのであれば徹底的に無視しましょう。

もしも実害となりそうな場合には、警察などへ相談しましょう。嫌がらせを受けているにも関わらず警察が介入してくれない場合には、探偵を使って証拠を集め、再度警察に行くようにしましょう。当事者同士での解決はトラブルを招くだけなのでおすすめしません。

何をされたらストーカー被害にあっていると言えるのか

1.電話によるストーカー被害
ご自身がストーカーにあっているかどうか、ストーカーに被害にあっていると疑うべきは何をされた時でしょうか。その代表的なものは、電話を使ったストーキング行為です。

非通知などから無言電話などが頻繁にかかってくる。場合によっては一日に数十回、数百回という場合もあります。そのような場合にはなんらかのストーカー対策が必要となります。

2.メールによるストーカー被害

携帯やパソコンのメール、LINEを利用したストーカー被害です。自分の気持ちを一方的に書き綴ったものや、あなたを誹謗中傷するような内容のものまで、ストーカーの性格や目的によってその内容は変わります。

常軌を逸した数のメールやLINEなどが送られてくる場合、それはストーカー被害にあっていると言えるでしょう。

3.郵便によるストーカー被害

続いてあるのは、郵便物を利用したものです。現代はメールなどを利用するものと思われがちですが、郵便物を送付したりする行為はいまだに行われることがあります。

郵送物に汚物や体液を入れてくるケースもあります。内容によってはストーカー対策を考えることになるでしょう。

ストーカー被害にあった時にまずすべきこととは

1.ストーカーと面識がある場合

ストーカーが誰なのかがはっきりしている場合には、まずその相手との話し合いが第一の選択となってきます。ただし二人きりによる話し合いは危険であると認識しましょう。

第三者に間に入ってもらうことが重要となります。第三者が間に入ることによって相手が激情した場合などは、その相手と連絡を取ることを極力さけるようにするべきでしょう。

2.ストーカーと面識がない場合

ストーカー行為をしている相手を知らない場合は、第三者というよりも第三者機関を利用するのが賢明です。警察当局やストーカー対策をしてくれる探偵事務所、これらを利用することによって身の安全をはかりましょう

壇蜜(だんみつ)さんの受けたストーカー被害の詳細

2013年の4月頃に報道されたニュースでは、一部の熱狂的ファンが壇蜜(だんみつ)さんに対し、ストーカー行為を行っていて壇蜜(だんみつ)さんはその被害に苦しんでいると言っていました。壇蜜(だんみつ)さんはストーカーにより頻繁にパニックとなったり実害もでているそうです。

2012年の間に放送されたバラエティ番組の企画で壇蜜(だんみつ)さんの部屋の中を公開し、そこから熱狂的なファンが部屋を特定して、このストーカー被害に繋がったようです。壇蜜(だんみつ)さんは取材の中で、家賃7万5000円程度の低層階のアパートに住んでいる、と言った事を明かしていましたが、人気女優にとっては安全面がとても不安ですよね。

しかし壇蜜(だんみつ)さんは、余りにも人気になる速度が早すぎてしまった事もあり、セキュリティー設備の整ったマンションへ引っ越す財力や時間が無かったそうです。

また壇蜜(だんみつ)さんをストーカーしている人物により、ポストの郵便物がなくなったり、それによって公共料金の支払伝票まで取られてしまうなどの実害も出ているそうです。

壇蜜(だんみつ)さんが被害を受けたストーカー犯について考察

郵便物をポストからごっそり抜き取られる等と言った壇蜜(だんみつ)さんの被害から、おそらくストーカー犯は親密追求型のストーカーであると考える事が出来るでしょう。こういったストーカー犯は、壇蜜(だんみつ)さんと相思相愛になりたいという欲求から、一方的に自分の好意を押し付けたり、保護者の様な愛情を持ってストーカーをしています。

つまり、相手の事をもっと知りたい知り尽くしたいと考えてストーカー行為をするのです。こういった場合、現在の壇蜜(だんみつ)さんは郵便物を抜き取られる程度で済んでいますが、何かのタイミングで盗聴器等を仕掛けられたり、つきまといの被害も増える恐れがあります。壇蜜(だんみつ)さんの出したゴミを漁られるという可能性も考えられるでしょう。

壇蜜(だんみつ)さんのストーカー被害を対策に生かすなら

壇蜜(だんみつ)さんの受けた被害や、壇蜜(だんみつ)さんをストーカーした人物像が見えた所で、壇蜜(だんみつ)さんをストーカーした人物にストーカーされたときの対策を考えましょう。このようなストーカーから被害を受けない為には、どのような対策が出来るのでしょうか。

壇蜜(だんみつ)さんを襲ったストーカーに効果的な対策

壇蜜(だんみつ)さんを襲った様なストーカーから自分を守る為には、まず真っ先に、引っ越しを考える事が最優先事項だと言えるでしょう。警察への相談等は当たり前ですが、場所を変える事は重要な対策です。

またポストの郵便物にはロックをかけたり、部屋まで運んでもらう事も大切。ゴミを捨てる際も、書類はシュレッダーにかけるなどの対策も行いましょう。とにかくストーカーにコチラの情報を漏らさないことがポイントです。

周囲の配慮の無さもストーカー被害を加速

本来であれば、壇蜜(だんみつ)さんの用に急速的に人気が出てしまった場合は、安全面に配慮されていないアパートに住むのは危険だと簡単に考えられます。そういった部分で、事務所や周囲の人間がサポートしなかった事もダメな部分でしょう。

誰でも部屋の前に来れてしまうような場所に壇蜜(だんみつ)さん程の人が住んでいれば、ポストが漁られたりするだけでなく、部屋に悪戯される可能性だってあるのですから、それ相応の対策をしておかなかった事も、ストーカー被害を加速させた原因といえます。

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

→厳選 優良探偵・興信所はこちら
スポンサーリンク
街角探偵相談所
HAL探偵社

響(ひびき)・Agent
女性のための浮気調査