ストーカー(つきまとい行為)の定義は曖昧なのか。

ストーカー(つきまとい行為)の定義は曖昧なのか。

日本においては、以前まではストーカー(つきまとい行為)の定義は、曖昧な部分が多く、実際に被害が発生してからでないと、それを未然に防ぐための、法的対策を取ることが非常に難しい環境にあったと言えます。
しかし、現在ではストーカー(つきまとい行為)による重大事件の発生を受け、シッカリとストーカー(つきまとい行為)に関する定義がはっきりするようになりました。それが、「ストーカー規制法」です。
この法律によってストーカー(つきまとい行為)の定義はある程度明確になり、法的に対策を取ることが一般的な個人においても、以前よりは容易になってきたと言えるでしょう。

ストーカー規制法によるつきまとい行為の定義
では、ストーカー規制法という法律における、つきまとい行為の定義を見て行きましょう。

・つきまとい・待ち伏せ・おしかけ
・監視していると告げる行為
・面会・交際の要求
・乱暴な言動
・無言電話や連続した電話、FAX、電子メール
・汚物などの送付
・名誉を傷つける
・性的羞恥心の侵害

この八つがストーカー規制法における「つきまとい行為」と定義されており、同一の物にこれらの行動を繰り返すことが「ストーカー行為」と規定されています。被害者は警察へ被害届を出すことで、警察はストーカー行為をやめるように、加害者へ警告をすることができ、もしもこの警告を無視した場合には、公安委員会が禁止命令を下すことができます。

もしも、この禁止命令に違反した場合は、1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金が科せられます。

集団ストーカー(ガスライティング)という言葉を御存知でしょうか。これはある一人の特定のターゲットに対して、組織的なストーカーを仕掛けるもので、一般的なストーカーとは異質なものを指します。

集団ストーカー(ガスライティング)とは、一般的なストーカーとは違った性質をもちます。一般的なストーカーは、主にある特定の個人の目を引くために行われる行為です。しかし、集団ストーカーは、ある特定の個人を破滅させるために行うものがほとんどです。
具体的には、標的の社会的な信用を失墜させたり、自信や自我を崩壊させることが目的です。複数人数によって巧妙に仕掛けられた罠により、自分自身を疑わせます。これによって標的は、自分自身を病気だと思うほど追い込まれ自滅し、最悪の場合は自殺にまで追い込まれるケースがある程です。

ガスライティングという言葉は、夫が妻を陥れ、妻が自分自身を精神病と疑っていくストーリーである、「ガス燈(Gaslight)」という映画のタイトルから来ています。

集団ストーカー(ガスライティング)で用いられる手段

集団ストーカーというのは、単に嫌がらせをしていくだけではなく、相手の精神的な部分や、自尊心を破壊するための手段が取られることになります。加害者や加害団体を特定することが非常に難しいことが特徴です。その手段の一部を紹介していきましょう。

1.職場の定位置にあるものを動かしておく
職場のゴミ箱や、その人が普段おいているものの場所を微妙に変えてえおきます。それによって相手に微小の違和感を与えることが目的です。何となくおかしいと思える程度の変化がよいとされているようです。

2.住居への侵入と異変
合いかぎを作られれば、簡単に家に侵入されてしまいます。この時も、室内を微妙に変化させておきます。しかし、この変化というのには不思議さを加えます。例えば、よく使っている調味料を継ぎ足しておいたりするのです。
普段しょうゆをよく使うはずなのに、なぜか一向に減らない。そんな本人にはすぐに理解できない状況を作ります。
これを他人に話したところで、『こいつ何を言ってるんだ』と思われるような事をするという事です。

3.駐車場での車の移動
会社など、駐車するスペースが決まっている人に対して有効です。例えば、普段上司や同僚が止める場所に車を勝手に移動します。(集団で持ち上げるなりする)それによって、上司や同僚とトラブルを誘発させます。
これを繰り返すことによって、意味不明な言い訳をさせ、当人の信用を壊していきます。これらは、集団ストーカー(ガスライティング)手法のほんの一部です。

とにかくターゲットがおかしいと、ターゲットの周りにも思い込ませ、ターゲット自身に『自分はおかしいのかもしれない』と思わせていくのです。

集団ストーカーとカルト団体や創価学会の関係
集団ストーカー(ガスライティング)は上記のように、個人に対して、行為の感情のエスカレートによって行われるものとは、全く異質のものであるという事が言えます。そして、ターゲットの精神状態へ働きかけるやり方から、宗教やカルト団体と呼ばれる者たちが利用するという事が言われています。
もちろん、創価学会がそう言ったことをしていると断定するわけではありませんが、しかし、検索をすると被害者だと言う人もいます。何が真実かはわかりませんが、被害にあった時のために、集団ストーカーとは何かについての知識を持っておくことは重要です。

集団ストーカー被害(ガスライティング)の対策法と撃退法

集団ストーカー被害(ガスライティング)の対策方法
集団ストーカー被害(ガスライティング)というのは、通常のストーカー行為とは一線を画します。つまり一般的なストーカーに対する対策では効果がないという事です。集団ストーカーの主な目的は、被害者を精神的に追い詰める事です。
多くの人間を使って、被害者に対して非常に不思議な事を感じさせたり、すれ違う際などに仄めかしをされたりといった精神的に響く攻撃をしてきます。最も有効な対策方法は、相手にしないという事です。
どうしても周りの状況や、特に音(ほのめかし)が気になる場合には、ヘッドホンをしましょう。集団側は被害者の視線を気にすることもあるので、サングラスをかけるのもおすすめです。また、余裕があるときは、集団側と思わしき人物の写真や動画を残しておきましょう。
もしも、同じ人物が違う場所で頻繁にいる場合は偶然とは判断しにくく、第三者介入の際の明確な証拠になる可能性があります。

集団ストーカー被害(ガスライティング)の対処の仕方
集団ストーカーに対する基本的な対策は、相手にしない事ですと書きました。しかし、集団ストーカーは(加害者側は)、徹底的に被害者を追い詰めようとします。被害者は、ただの被害妄想であり精神的におかしい人であるように仕立てあげようとしています。
ここで注意しなくてはいけないのは、安易に自分の身近な人に相談してしまう事です。上記のように、相談した相手への伝え方によっては、あなたが「頭がおかしい人」と思われてしまう可能性が高いのです。
そうなってしまった場合、他人の考え方を覆すのはかなり難しいものになります。何を言っても被害者がおかしいのかもしれないと思われ続けてしまうのです。そうならないためにも、まずは自分でできることをしっかりと行いましょう。
まず一般的なストーカーと違い、直接的に何かをしてくるわけではありません。徹底的に相手にしないことが非常に大切な対処方法であると言えるのです。

集団ストーカー(ガスライティング)の撃退法
集団ストーカーというのは、大人数で心理的な攻撃を仕掛けてきます。これに対して具体的に撃退という事は難しい問題です。直接的に何かをしてくることがないため、取締り自体も容易ではないでしょう。
出来ることとしては、どのような事をされているのかをしっかりメモにしておくこと、いつどこでどのよなことをされたのかという事を明確にしておきましょう。やはり、証拠となるものを用意できるかどうかというのは大きな問題です。
決して簡単な事ではないと思いますが、地道にやっていくしかありません。その中で、映像や音声などの決定的な証拠を残せるかどうかというのは、集団ストーカーを撃退しようと思った時に大きなターニングポイントとなるでしょう。

集団ストーカー被害(ガスライティング)の解決法
ここまで紹介してきたような問題から、集団ストーカーの被害を解決するのは容易ではありません。特に、一般的なストーカー問題の解決に有効だった、第三者の介入が簡単に使えません。特に、警察などに集団ストーカーの被害を届け出ても、あなた自身の精神的な問題として処理されやすいでしょう。
そこで、警察に行く前に、信頼できる探偵などを使って具体的な証拠を集める必要があるでしょう。加害者団体を特定し、どのような被害を受けているのかをはっきりとさせましょう。
第三者の誰もが見てもおかしいという状況を集めることができれば、集団ストーカー問題は、一歩解決に近づいたと言っていいでしょう。

集団ストーカーによる電磁波やテクノロジー犯罪とは

電磁波犯罪やテクノロジー犯罪について

集団ストーカーで用いられる言葉として、電磁波犯罪やテクノロジー犯罪があります。これは、目に見えない形で行われるものを言います。盗聴や盗撮、音声の送信などが分かりやすく代表的なものと言えるでしょう。
被害を訴えられたとしても、訴えた本人が精神的におかしいように仕立てあげ、社会における信用を無くさせることが目的となっています。第三者から見た時に、頭がおかしいと思わせるような仕掛けとなるのが特徴です。

集団ストーカーと統合失調症などの精神疾患

集団ストーカーを受けた本人はいたって健康的な人間であったとしても、その被害状況や、自分が施錠であることを訴えれば訴えるほど、他人からは「頭がおかしい」、「精神的な病気なのでは」と思わせるように仕掛けられていきます。
これによって、本人が統合失調症などと診断されてしまい、会社での立場を失ってしまうと言う事があり得ます。それどころか、集団ストーカーがきっかけで、本当に精神的な疾患を抱えてしまう恐れもあるでしょう。

ストーカー被害でうつ病にならない対策と対処法

ストーカー被害でうつ病になりやすい人の特徴

ストーカーの被害にあっている方は、強烈なストレスを与えられていますので、普通の人よりも「うつ病」になりやすい傾向にあります。そこでここでは、特に「うつ病」になりやすいストーカー被害者の特徴を記載します。されているストーキングの内容にもよりますが、参考にしてください。

・責任感が強く、悪い事が起こっても全て自分の責任だと考える。

・その時の感情でなんでも判断する。

・根拠のない思い込みを信じる。

・「ああすべきではなかった」と強く後悔する。

以上、これらの特徴に当てはまる人は要注意です。

ストーカー被害でうつ病になってしまったら診断書を

ストーカー被害を受けて、「うつ病」と診断されたり、疑わしいようなときは、すぐに病院で診察を受けて、診断書を書いてもらいましょう。少なくともカルテや領収書を保管しておくだけでも大きな違いが生まれます。診断書が手に入れば、犯罪としてストーカーを検挙できます。
警察も重い腰を動かさざるを得なくなりますので、解決に向けて動いてくれます。また、弁護士に相談してストーカーに慰謝料の請求も行える可能性もあります。診断されたら、必ず診断書を手に入れてください。あなたを守る大きな手助けになります。

ストーカー被害でうつ病にならない為の対策

ストーカーの被害でうつ病にならないための対策としては、ストーカーの解決が最も望ましいですが、簡単ではありません。そこで、最も最初に行ってほしい対策としては「味方」を作ることです。家族でも友達でもいいので、自分がストーカー被害にあっている現状を相談してください。
すぐにストーカーが解決するわけではありませんが、心理的に非常に楽になりますし、万が一の時の保険にもなります。自分では冷静な判断が付かない精神状態になることも多いので、冷静に、客観的に判断してくれる「味方」は非常に大きな存在です。精神衛生上も非常に大きな助けとなります。

また、知人や親族以外にも専門家への相談も大きな心の支えとなります。警察や弁護士、探偵が自分にはついているという安心感は、一人でストーカーと戦っている時とは比べ物にならない程心強いです。

また、ストーカー解決に向けた方法も教えてくれますので、解決も早くなるという可能性が高いです。ストーカーによって身体的にも精神的にも被害を受けないように、出来る限りの対策をしていきましょう。

ストーカー被害でうつ病かもと感じた場合

ストーカー被害によって、うつ病とまではいかないにしろ、精神的にダメージを受けたと感じたら「病院で診察」を必ず受けてください。そして、受信後は診断書を貰いましょう。これは被害を受けた証拠になりますので、今まで動いてくれなかった警察も動かざるを得なくなります。
ストーカー規制法によってストーカーは犯罪になりましたが、「親告罪」ですので、あなたが被害届を出さない限り、警察は動きません。診断書は「ストーカー被害」の証拠になります得ますので、ストーカー解決の助けとなります。

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

→厳選 優良探偵・興信所はこちら
スポンサーリンク
街角探偵相談所
HAL探偵社

響(ひびき)・Agent
女性のための浮気調査