ストーカー被害の相談で探偵がしてくれる事

ストーカー被害の相談で探偵がしてくれる事

ストーカー被害にあったら、警察に相談に行くことが先決ですが、警察は証拠がなければそう簡単には動いてくれません。そこで、ストーカーの解決と証拠集め、犯人の特定の為に、ストーカー対策の専門家である「探偵」に依頼するのが効果的です。では、依頼すると「探偵」は具体的にどのようなことをしてくれるのでしょうか?一般的な事例をご紹介しますと

・ストーカー行為の証拠を集める

・ストーカー行為の現場を抑えて、その場で取り押さえる

・監視カメラの設置

・盗聴器の調査

・ストーカーとの話し合いに同席

などです。あくまで一般的な内容です。ストーカーは顔見知りの場合がほとんどですが、知らない人の場合もありますので、そんなケースですと犯人の特定などケースバイケースで動いてくれます。「探偵」は、ストーカー対策には非常に心強い専門家です。

探偵事務所のストーカー被害対策料金の相場

「探偵」も慈善事業ではありません。営利団体ですので「料金」が発生します。ストーカーも千差万別ですので、一概には言えませんが、一般的な探偵料金の相場をご紹介します。一般的には、1日の料金が5万円~10万円の探偵会社が多いです。

もちろんストーカーが誰か特定できている場合などはもう少し安く済むかもしれません。これは1日の料金ですので、解決するまでに時間がかかればその分だけ料金が発生します。

ですので依頼するときは、探偵への調査費用を抑えるためにも、ストーカー被害に遭いやすい日や曜日、時間帯を把握しておくと良いでしょう。

ストーカー被害に関する探偵事務所選びの注意点

探偵会社選びはストーカー対策で非常に重要ですが、非常に難しいのが現実です。多くの業種では、サービスや技術力は値段に比例しますので、高い料金を支払えば、質の高いサービスを受けられる可能性が高いです。

しかし、探偵は費用とサービス(調査力や解決力)が比例しないことがとても多いです。事前知識がなく、ストーカー被害という差し迫った状況で、高額で質の悪い探偵に依頼して失敗した人も少なくありません。

特に注意したいのが「高額の料金」と「見積もりは安いが最終金額が高い」というケースです。探偵選びで失敗しないために、確認しておきたいポイントを以下に記載しますので、ご留意ください。

・見積もり金額が相場と比較して適正か

・見積もり金額に含まれる調査内容と含まれていない費用

・調査力

以上の点です。これらの点は、直接相談してみないと判断できませんので、複数の探偵社への相談と見積もりを依頼し、比較検討することをオススメします。また、出張料金なども多額になりやすいので、比較的近場の探偵社を選ぶほうが良いと思います。

なぜストーカー被害を弁護士に相談するべきなのか

ストーカーの被害は年々増加傾向にあります。待ち伏せされたり、つきまとい、交際の要求や一方的なプレゼントなど、ストーカーが行う迷惑行為は耐え難いものです。

また、ストーカーが凶悪犯罪にまでエスカレートし、被害者が命を落とした凄惨な事件もあり、2000年にはストーカーを規制する「ストーカー規制法」が成立しました。

これによりストーカー行為を取り締まれるようになりましたが、警察に相談しても、「犯罪性がない」 「犯罪が立証されていない」など違法行為が断定されていないと警察は動いてくれないのが現状です。

それに加え、ストーカーがエスカレートするのが怖くて警察に相談できないと考えている被害者も多くいます。そんな時に相談して欲しいのが「弁護士」です。「弁護士」に相談すれば、具体的な解決法を提示してくれます。

また、ストーカー行為の証拠の集め方など、警察を動かす助けにもなりますし、警察への相談に同行してもらえば、警察も重い腰を上げずにはいられないはずです。また、裁判所に対して「接近禁止の仮処分」をだしてもらう手続きなどもしてくれますので、「弁護士費用」が発生しますが「弁護士」への相談は、ストーカーには有効な手段です。

ストーカー被害で弁護士に依頼する際の料金の相場

「弁護士」 への相談は、ストーカー対策に非常に有効です。しかし、気になるのは弁護士にかかる費用である「弁護士費用」です。「弁護士費用の相場」ですが、弁護士事務所や相談内容によって弁護士に依頼する内容も異なってきますので、一概には言えません。

あくまで参考までに、目安となる金額を記載しますが、実際に弁護士に依頼する際は、見積もり金額との差異にご注意ください。一般的な弁護士に依頼すれば掛かる費用を、内容別に記載します。

・内容証明⇒5万円程度

・弁護士代理交渉⇒20万円程度

・刑事告訴⇒30万円程度

・民事訴訟⇒45万円程度

あくまで一般的な金額ですので、ご注意ください。また、被害内容によりますが、ストーカーに対して「慰謝料請求」することも可能ですので、その中から精算すれば費用を抑えることも可能ですので、その点に関しても弁護士と相談してみてください。

ストーカー被害に関する弁護士選びの注意点

ストーカー対策で弁護士に依頼する場合、弁護士選びは非常に重要です。しかし、弁護士の良し悪しは、調べることが難しいです。親族や知人の紹介など、信頼できる弁護士がいないか相談してみるのが得策です。非常に親身になってくれますし、失敗することも少ないと思います。

紹介してくれた弁護士がストーカー対策は専門外の場合でも、詳しい知り合いの弁護士を紹介してくれるはずですので、その点でも安心です。実際に自分で弁護士を探す際には、その弁護士の「得意分野」を見極めることが重要です。

弁護士は全知全能ではありませんので、まるで専門外の弁護士ではあまり役には立ちません。その点に注意して、弁護士を探してください。

ストーカー被害や対策で警察は本当に助けてくれる?

ストーカーの被害にあったとき、まず頼るのが「警察」です。しかし、警察へ相談していたにも関わらず、ストーカーによって無残な姿になった被害者もいます。警察はストーカー対策に意味があるのか不安な人も多いと思います。そこで警察が動く要件と、警察を動かすための方法についてご説明します。

ストーカー被害で警察に動いてもらうには

1.ストーカー被害で警察が役に立たないという認識の理由

ストーカー被害を受けると、まず最初に思いつく対策としては「警察」への相談が考えられると思います。しかし、最近では三鷹であったストーカー事件などは警察への相談はしているにも関わらず、大して効果がなく、最悪な結果となってしまいました。

もちろん、相談を受けた警察の対応にも問題はありましたが、警察にもそれなりの理由があります。まず、警察は明確な犯罪行為がなければ動けません。警察が明確な犯罪行為だと認識するのは「脅迫」「強要」「障害」などですが「らしい行為」というレベルですと、正直警察が動いてくれるとは考えにくいです。

それゆえ、迅速に警察を動かすためにも「証拠」が重要になってきますので、ストーカーの証拠になるようなものは全て保管し、録音や録画などを積極的に行いましょう。

2.深刻なストーカー被害は警察の本庁に相談する事

明確なストーカー被害に遭っていても、警察が動いてくれないことも、やるせないことですが、多々あります。ではそんな時、警察に動いてもらうにはどうすれば良いのでしょうか。

もちろん上述したような「証拠」集めも、もちろん重要ですが、警察の「上からの圧力に弱い」という点を利用し、警察組織の上に当たる「警視庁」に直接相談をするのが効果的だと考えます。

1度や2度では取り合ってくれない可能性もありますが、何度も連絡すると効果があります。警察は上からの圧力に非常に弱いので、本庁の担当者から連絡が所轄所に行けば、所轄の警官は動かざるを得ません。

相談窓口は検索すればすぐに出てきますので、ストーカー被害を受けているが、警察が動いてくれないと嘆いている方は試してみては如何でしょうか。

ストーカー被害を警察に相談する方法

1.ストーカー被害は警察の相談窓口に連絡

ストーカー被害にあった場合、警察に相談することが先決です。被害がまだひどくなる前に警察に相談すれば、どのような証拠が必要で、どのような被害に合えば警察が動いてくれるかなどのアドバイスをもらえるはずです。

また、警察への相談は最寄りの警察署に行うのがいいのですが、受付の担当者次第では、対応してくれないという酷い話もありますので、ストーカー対策のための相談窓口が各県警毎に用意されていますので、まずはそちらに電話で相談することをお勧めします。「#9110」で電話できますので、お困りの方は相談してみてください。

2.ストーカー被害を警察に相談する際の交番は無意味?

ストーカーの被害を相談するうえで、警察には最初に相談しましょう。しかし、近所の交番に相談するのでは、あまり意味はないかもしれません。ストーカー規制法が施行されてしばらく経ちますが、交番の警官があまり詳しくない人だと、的外れのアドバイスを受けたり、取り合ってくれない危険性もあります。

ですので、相談は専門の窓口への相談がおすすめです。また、ストーカー規制法で規制されている内容を以下に記載しますので、ご確認ください。これらの被害にあった場合は、被害届けを出すことにより検挙することが可能です。

・つきまとい・待ち伏せ

・監視していると告げる

・面会・交際の要求

・乱暴な言動

・無言電話・連続した電話やFAX、メール

・汚物の送付

・名誉を傷つける

・性的羞恥心の侵害

以上です。

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

→厳選 優良探偵・興信所はこちら
スポンサーリンク
街角探偵相談所
HAL探偵社

響(ひびき)・Agent
女性のための浮気調査