探偵と興信所の違い

探偵と興信所ってどう違うの?

探偵・興信所が行う調査は、企業の取引先や、雇用関係、結婚などの相手側の調査をする信用調査や、結婚相手や恋人、気になるあの人の怪しい動向に対しての行動内容を調査する行動調査、まあその多くが浮気調査なのですが・・・
あとは、テレビ等でおなじみの、ストーカー対策、盗聴器発見などの調査を行うのが主な仕事です。

そうそう、探偵と興信所の違いでしたね。
業務内容は、両者とも「調査」をするという目的を掲げています。
探偵業務とは、依頼主が個人の場合が多く、代表的なのは、浮気調査や行方調査、ストーカーや盗聴器発見など、時間と手間をかけて、相手に気づかれる事なく、調査対象を詳細に調べ上げる業務です。

一方、興信所の業務は、一昔前までは、企業間の取引、その取引先に対する信用調査が主な業務ですが、今では、結婚等の信用調査や、企業の雇用、取引先の信用調査などがあります。

探偵が相手(調査対象者)に気づかれる事なく、詳しく調査するのに対し、興信所の業務は、調査員が調査対象者に身分を明かし調査することがほとんどなので、大まかな外枠的調査が専門で、詳しいデータは得られないのが探偵との大きな違いです。

しかし、現在では、探偵・興信所ともに、得意分野はありますが、双方の業務を行う調査会社がほとんどです。
双方とも守秘義務を厳守し、調査で知り得た情報等を、特別な事情がない限り、第三者に漏らすことはありませんので、安心してご利用ください。

Pocket
LINEで送る

→厳選 優良探偵・興信所はこちら
スポンサーリンク
街角探偵相談所
HAL探偵社

響(ひびき)・Agent
女性のための浮気調査