探偵興信所の料金や相場

探偵・興信所の料金、費用相場

浮気調査や、人探し、ご近所トラブルなど、あってほしくはないことですが、今の世の中、何が起こるのかわかりません。もし、何か起こったときに、探偵や興信所に依頼しなければならなくなることもあるかと思います。

しかし、探偵や興信所に依頼することは、人生において一度あるかないかで・・・まあ私の場合、今までに二度あり、一度目は大失敗という懐かしくも腹立たしい思い出です。

確かに、ネットで調べても、その数は無数にあり、料金表を比較しても、会社ごとに体系が違っていて、非常にわかりにくいです。

しかしこのサイトでは、それらのわかりにくい料金体系を、ポイントを絞って、どういった点に気をつければよいのか、できるだけ詳しくまとめました。

探偵や興信所の一時間あたりの相場

調査員2名の場合の1時間あたりの料金相場(諸費用別)
20,000円以上~25,000円未満:36%
15,000円以上~20,000円未満:28%
10,000円以上~15,000円未満:24%
その他           :12%

上記のように、1時間あたりの料金は、下は10,000円/2名で、上が25,000円/2名が相場ということになります。
この間の金額であれば、それほど料金相場から外れていないと思います。
その中でも特に多いのが、1時間あたり20,000円~25,000円/2名で、これを1名あたりに換算すると、1時間あたり10,000円~12,500万円/1名となり、これが最小単価の相場ということになるかと思います。

しかし、いくら人件費が相場通りだったり、相場より安い場合でも、諸経費等を合計した総額で比較すると、逆に高くなってしまうという場合もありますので、すべての費用の総額で比較することが大事です。

しかし、事務所の規模や、その調査内容によっては、1名で調査を行う場合もあれば、複数人で行う場合もありますので、ホームページ上に何人分の料金なのか載っていない場合は、あとで大変な金額を請求される場合もございますので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

→相場内の適正価格で依頼できる探偵・興信所はこちら

基本的な料金構成

○成功報酬:調査の成果が得られた場合にのみ支払う報酬金
○経費  :交通費、車両費、燃料費、高速代、通信費、機材費、宿泊費、報告書等の書類作成費などの必要経費
○調査料金:人件費(タイムチャージ・手付金等)、延長料、諸手当等
上記を合計した金額が、費用総額となります。

調査料金

お客様からの依頼を遂行するために、いろいろな調査方法を用います。
その調査方法の中でもメインになってくるのが、尾行や張り込みなどの人的な方法です。
よって、料金の大部分を占めるのは、主に人件費ということになります。
この人件費(調査料金)は、タイムチャージ制や成功報酬制、パック料金制など、大きく分けて2通りの料金体系で算出されます。

タイムチャージ制とは?

いわゆる基本的な費用の算出方法で、簡単に言いますと、実際に動く時間分だけ料金を加算していくシステムで、1時間あたりの料金に、調査員の人数と時間や日数をかけ合わせたもので、
『1時間あたりの料金×調査員数×実働時間×日数』
という計算になります。
浮気調査等、尾行や張り込みなどをメインに行う調査に適用されることが多い料金体系です。

成功報酬制とは?

成果ポイントが明確な調査や、難易度が高く、必ずしも成功するとは限らないが、人件費だけはかかるといった場合に、手付金(着手金)を支払い、成功した場合にのみ、あとで成功報酬を支払うというもので、
『着手金+成功報酬』
という計算なります。
行方調査等の人探し系で、適用されることが多い料金体系です。

成功報酬制の恐怖!?

料金体系の中の「成功報酬制」ですが、言葉的には非常に耳障りが良くて、あたかも調査が成功しなければ料金が一切発生しないような感じがします。

しかし、実はそうでもないのです。
また、実際には一番トラブルの多い料金体系とも言えるのです。
時間料金制と聞くとわかりやすいですね。

調査にかかった時間分の料金が発生するということで、結果はどうであれ、料金が発生するという、期間が長くなればなるほど、心臓がドキドキする料金体系です。

しかし、成功報酬制と聞くと、上記のように、
「望むような調査結果が出なければ、料金は発生しないのでは」
と思ってしまう顧客心理もあります。
しかし、探偵・興信所によっては、この顧客心理を逆手にとって、

●相談完全無料!
●完全成功報酬制!
●調査成功率90%以上!

など、さも成功率が高くて、失敗しても料金が発生しないようなイメージを顧客に与えようとしているところもあります。
しかし、調査の成功率は、調査員の腕にかかわらず、失敗することも多いのが事実です。
例えば、調査日に調査対象者の動きがないとか、そもそも依頼者が怪しんでいる行為を調査対象者がしていないなどです。
調査の成功率は、このような依頼者サイドの要因(思い違い)も非常に多いですし、依頼者から提供される情報量にも、圧倒的に左右されます。

調査成功率90%どころか、60%や50%もいっているところは、少ないのではないのでしょうか。
それに、調査結果がどうであれ、調査員が動けば、人件費や交通費などが必ずかかってきます。それら必要経費を無視して経営できるはずもなく、調査に成功しなければ料金が発生しないという考えが、いかに現実を無視したものであるかがわかると思います。

もし成功報酬制であっても、まず人件費などの実費は請求されると考えてよいです。
しかもそれらの実費が、かなりの金額になると考えてよいでしょう。

パック料金制とは?

調査が長期間になった場合、どうしても高額になりがちな調査費用への不安を解消すべく、多くの探偵・興信所の料金プランで採用されているのが、このパック料金制です。

(表示例)
パックプランA:200,000円/15時間(期間:1週間~1ヶ月以内)
パックプランB:350,000円/30時間(期間:10日~2ヶ月以内)
パックプランC:600,000円/60時間(期間:1ヶ月~3ヶ月以内)
※1日最低3時間以上稼働。経費込み。

上記のパック制は、10時間、15時間、30時間と、あらかじめ決められた時間分をパッケージとしてまとめ買いするというプランです。
それぞれのパックプランの時間数は、比較的長時間の設定ですが、設定された時間を消化した場合、それ以降続ける場合は、延長料で対応することができます。

基本的には先払いで、購入した時間内で依頼人の希望する日時に複数回に分けて調査を実施することがきます。
ですので、浮気調査などで、相手は黒ではあるが、もうあと一押しの物的証拠等が必要な場合、相手が浮気しそうな日時を指定して、調査を実施することもできます。

依頼人にとって、比較定期安心できる料金プランですが、ほとんどの場合、1日あたりの最低稼働時間が、3時間、5時間などと定められています。
極端な話、60時間分を購入して、1日2時間ずつ30日に分けて依頼するようなことはできません。

パック料金制のあれこれ

パック料金制は、一定時間分を購入した上で、依頼者が希望した日時に、購入した時間分のうち、好きな時間分だけ調査してもらえるという料金体系です。
1日の最低稼働時間は、探偵・興信所によって違いますが、依頼した日に動きがなさそうだと判断すれば、別の日に残りの時間を使って調査を行ってもらうこともできます。

しかし、無駄な調査の時間を減らすこともできますが、購入した時間分を使いきる前に、調査が完了してしまうと、余った時間分の返金はほとんどされないので、トラブルになるケースが多いようです。

あらかじめ調査に時間がかかりそうな案件の場合は、パック料金制はとてもお得で安心できる料金プランです。
購入した時間内であれば、追加料金を気にすることもなく、また諸費用などもあらかじめ含まれていることが多いため、購入した時間内で、安心して依頼することができます。

パック料金制で確認しておくべきことは、
●調査時間の予測(調査員に相談)
●調査時間の有効期限
●諸経費などは含まれているか
●残った時間の料金分の返金はあるか
以上をしっかり確認しておくことが大切です。

しかし、安すぎる料金設定も安心できません。
低料金に惹かれて契約した結果、トラブルになってしまったということは多々あります。

例えば、浮気調査を低料金に惹かれてパック料金で依頼したが、GPS(車の移動軌跡)のみの調査で、調査員は現地に行っておらず、「嫁さんの車が市内の○○ホテルに停車!追加で調査員を送らなければ追尾できない!」などと、費用を追加請求されるというトラブルも発生しています。
料金プランだけでなく、調査方法も十分に確認をして、調査依頼をすることが大事だと思います。

→厳選 優良探偵・興信所はこちら
スポンサーリンク
街角探偵相談所
HAL探偵社

響(ひびき)・Agent
女性のための浮気調査

調査を依頼すると高い!でも自分でできるの?

結論から言えば・・・素人が調査して、すぐに結果が出るほど、この世界は甘くない!

例えば、目の前にいる人を1時間尾行できるかどうか試してみてはいかがでしょう。
もしその人が、
●電車で移動したら・・・
●タクシーに乗ったら・・・
●飛行機に飛び乗ったら・・・
等々、いろいろなシチュエーションが考えられます。

また、急に立ち止まって振り返られたら、バレたと思ってそのまま逃げてしまうかもしれません。
それくらい尾行するというのは難しいのです。
そして、張り込みもまた同様です。
同じ場所に1時間もいたら、近所の人が不審に思い、警察に通報されることでしょう。

たった1時間でさえ、この難しさです。
これが毎日5時間以上とか、長期間にわたって続くようなら、我々素人にはとても無理です。
探偵業とは、それくらい厳しい世界なのです。

探偵・興信所の調査員の定着率を見ればわかります。
半年入れば、一人前といわれる世界です。
本当は、3年以上在籍して、一人前なのです。
半年で一人前といわれるということは、それだけたくさんの人が辞める、ということです。
難しく、激務なのですぐに辞めてしまいます。

映画やテレビドラマなどのイメージで、探偵・興信所に就職すると・・・
「なんじゃ~こりゃ~!」
になって、すぐに辞めてしまいます。
それだけ、調査をするということは難しく激務で、身も心もすり減らす仕事なのです。
ですので、多少料金が高くても、「果報は寝て待て」で、信頼性とコストがベストマッチした探偵・興信所に依頼した方が、今後の人生においても良い結果となるでしょう。

Pocket
LINEで送る

→厳選 優良探偵・興信所はこちら
スポンサーリンク
街角探偵相談所
HAL探偵社

響(ひびき)・Agent
女性のための浮気調査